キレイな大人の女性になりたい!!

プチプラ主義者、悩めるアラサーの研究記録→スキンケア・メイクなど…

日焼け止めの基礎知識と必要性、積極的に摂りたい食品は?

 こんにちは!らびです。

 

みなさんは年中外出するときは日焼け止めクリームを塗っていますか?

私は夏の日差しの強いときしか塗っていません。

 

年中塗るべきとわかっていながら涼しくなると手を抜いてしまう理由は…
「正しく紫外線対策をできているか曖昧だから」
だと思います。

だから私の場合、日焼け対策に妥協してしまうんです。

 
私の本音…↓↓
とりあえず塗っている日焼け止め、効果は十分なのか?
SPFなどは自分のライフスタイルにあっているのか? 

 

今回はそんな疑問について調べてみようと思います。

 f:id:kirakira-bi:20190113235004j:plain

紫外線の基礎知識(紫外線には3種類に分かれる)

 

  ・紫外線A波(UVA)…シワやたるみの原因になる(曇りの日や室内でも注意が必要)
 ・紫外線B波(UVB)…シミやそばかすの原因になる(皮膚が赤くなるのはB波が原因)
 ・紫外線C波(UVC)…皮膚病の原因になる

 日焼け止めクリームの基礎知識

 ・PAとは…紫外線A波(UVA)の防止効果を表す数値、+の数が多いほど効果が高くなる。
SPFとは…紫外線B波(UVB)の防止効果を表す目安の数値で、数字が大きいほど効果が高くなる。

え、紫外線C波(UVC)を防止する力はないの!?


結果から言うと…ないらしい…。
ちなみにC波B波より有害な紫外線だが、通常はオゾン層によって吸収され地上に届くことはない。
はずだった…近年オゾン層破壊によって危険性が出ているみたいです。

どんな日焼け止めを選べばいいの?

  ドラッグストアに行くと、様々な日焼け止めがありますよね。

私も一応毎年、夏前に購入します。 

 

前回はとりあえずSPF50 PA++++と記載のある商品を購入しました。


知識不足なまま数字が高ければいい、+が多い方がいいって感覚で選んで買ってしまったけれども、強すぎて肌に負担をかけすぎているという話も聞いたことがあります。

 

選ぶときの大事なポイントはまず、
「顔用か体用かはチェックすべし」

皮膚の薄さが違うから体用を顔に塗ると刺激が強いみたいです。

 

そして生活に合わせた日焼け止めの選び方ですが、

日常生活(買い物や散歩など)はSPF10~20 PA

軽いスポーツやレジャーなどはSPF20~30 PA++

炎天下のレジャー(キャンプなど)はSPF40~50 PA++(+)

紫外線強の場所、肌が弱い方はSPF50 PA++++

 

↑このような目安でいいようです。 

 

日焼け止めを塗るタイミングは?

 外出する30分前がベスト。

(効果を発揮させるには肌に馴染ませる時間が必要なんですって)

 

顔に塗るときのタイミング(手順)としては…

化粧水や乳液のあと、化粧下地の直前。

もしパウダータイプの日焼け止めを使うなら化粧下地のあとがベストです。

 冬でも日焼け止めは必要?

 B波は秋から冬(10月から2月頃)にかけて減るものの、A波は年中降り注いでいるみたいです。

冬だからといって首元など日焼け止めを塗らないと、しわやたるみの原因になるとか。

年中塗りましょう。 

紫外線対策と食べ物

 ・紫外線対策として積極的に摂取したい食べ物

いちご、赤ピーマン、すいか、アボカド、人参、うなぎ、トマト、レバー、アーモンド、かぼちゃ、ブロッコリー、ダークチョコレートなど。

 

・紫外線を気にするときに控えた方がいい食べ物
柑橘系(摂取後2~6時間は外出を控えた方が◎)、添加物が多く含まれるもの、
味が濃いものなど。

 

紫外線対策として、自分に合った日焼け止めクリームをチョイスすること、更に紫外線が強くなる時期には食べ物にも注意していきたいですね。